心が楽になる考え方

転職を繰り返す仕事できない30代が居場所を見つけた考え方

 

こんにちは。転職は4回目のりんごです。

 

もし、あなたが今

転職という岐路に立っていて、

仕事選びに悩んでいるなら。

 

今までの仕事の選び方、考え方を変えてみると

うまくいくかもしれません。

 

この記事では、

5社目にしてようやく働きやすい環境を手にした私の体験談を

書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

働き方改革のすすめ

一般的に転職というと、

今までの職務経験が活かせる仕事に就くのが良いという風潮があるかと思います。

 

会社側も新卒採用とは違って、即戦力を求める訳ですから。

 

となると、どうしても前職と同じ職種で転職することが多くなるのかなと。

 

転職エージェントや派遣会社に登録しても、

経験のある職種ばかりを紹介されたり・・。

 

でも、もしあなたがずっと同じ職種で転職を繰り返しているのだとしたら。

 

もしかしたら、

あなたの居場所は他にあるのかもしれません。

 

また、あなたが信じている働き方は、

実はあなたに合っていないのかもしれません。

 

正社員の仕事に就くべきという思い込みを捨ててみる。

土日祝休みへのこだわりを捨ててみる。

 

新しい働き方を選んだ時、

うまくいくこともあります。

 

まさに、私がそうだったからです。

 

りんごの体験談

事務しか出来ないと思っていた

私の職務経歴をちょこっとお話しします。

 

私は新卒で保険会社の事務職に就きました。

 

なぜ事務職かというと、

『私に出来るのは事務くらいしかないだろう』

という恐ろしく消極的な理由です。苦笑

 

そんな事務でさえ、

うまくこなすことが出来なかったのですが・・。

 

しかし、

転職して就いた仕事も事務職。

 

2社目では、事務職ではありながら、

色々な経験ができたのはとても良かったです。

 

業務内容に広報誌の作成があり、

そこでデザイン業務に興味をもった私は、

印刷会社へDTPデザイナーとして転職しました。

 

DTPデザイナーとは、チラシ広告やポスターを作ったりする人です。

 

3社目にして、

初めて事務職以外の職種に就いた訳です。

 

本当は経験者を募集していたのだけど、

やる気があるならということで

未経験者ながら雇ってもらえました。

 

しかし、

要領が悪くなかなか成長しない私に

社長が痺れを切らしてしまいます。

 

他の社員もいる前で、

不平不満をぶつけられ、

耐えられなくなった私は5ヵ月で退職してしました。

 

WEBデザインの職業訓練に通った後、

一時はWEB系の仕事も探しました。

 

でも。

 

興味のある仕事に就いてもすぐに辞めてしまっては意味がない。

仕事が出来なくて見限られるにちがいない。

 

成長を求めるより、

日々を穏やかに過ごして安定的に長く働けることの方が

大事なんじゃないか・・。

 

もう新しいことに挑戦するのはやめよう。

 

私には、もはや事務しかない・・。

 

という、結論に達しました。

 

そうして、

また事務の仕事を選んだのです。

 

しかし。

 

とある出来事がきっかけで、

1年半も経たずして辞めてしまいました。

 

安定して長く働けると思っていた事務職ですら。

 

スポンサーリンク

 

本音を大切にして、もう事務職はやめる!と決意した

派遣会社に登録し、仕事を探しはじめた私。

 

やっぱり、デザインの仕事への興味は捨てきれず。

デザインソフトのIllustratorとPhotoshopを使える仕事が希望でした。

 

でも、印刷会社に勤めた経験から、

顧客の依頼を受けてデザインする制作会社は絶対に向かないと思ったので、

自社のものを制作できる仕事を探しました。

 

正社員は難しくても、

派遣社員なら未経験でも大丈夫な仕事があるかなと思いきや・・

なかなか見つからなくて。

 

派遣会社の方にも、

『事務職ならいっぱいありますよ』と言われました。

 

とりあえず仕事しなきゃという焦りもあったし、

事務の方がやっぱり安定して働けるかな、という気持ちも出てきて、

『もうとりあえず事務でいいか・・』

と、またしても事務に落ち着こうとしていたのでした。

 

でも、そんなとき、

2社の派遣会社から同時に仕事を紹介されます。

 

1つは営業事務で時給が高め。

もう1つは製版会社で、製版の仕事。

時給は低いけど、ソフト使用の実務経験にはなる。

 

仕事選びの軸がブレブレだった私は妹に相談しました。

そのときに言われて、ハッとしたことがあります。

 

『今、事務を選んだら、その次も事務っていう流れになる。

 将来やりたいことにつながる仕事を選んだ方がいいよ。

 初めはお給料が少なくても、後から上がっていくこともあるんだし。

 稼げてなんでもいいなら事務でもいいけど』

 

たしかに今、目先のお給料で事務を選んでしまったら、

また次に選択を迫られたときに、同じことを繰り返してしまうでしょう。

 

お給料も大事だけど、ステップアップしていける方が

私には魅力的に感じるな、と。

 

また、

事務職には必ずと言っていいほど付いて回る「電話対応」「来客対応」が苦手な私。

でも、『電話くらい出ないと、どこに行ってもやっていけない』と思ってました。

 

そんな私に妹は

『やりたくないことはやらなくていいと思う』

と言ってくれました。

 

お姉ちゃんはもっと自分を活かせる仕事の方がいいよ』

とも・・。

 

なんていい妹なんでしょうか。涙

 

そういえば、職業訓練時代の友達にも、

『りんごさんは事務じゃない!!』

って言われたことがあって。

(なのにそのときは事務を選んだ私・・)

 

どうやら客観的に見ても、

事務は向いてなかったんだなと。苦笑

 

もう、事務はやらない!!

できるか分からないし、不安だけど興味のある仕事をしよう!!

 

と固く決意したのでした。

 

結局、事務職の方は断りました。

 

製版会社の方は面談でデザインソフトは使わないと言われ・・。

聞いていた話と違ってたので、こちらも断りました。

 

そして、事務はやらない!と決意した5日後、

また別の派遣会社から、今の仕事を紹介されました。

 

自社サイトの更新や作成の仕事で、

未経験OK、職業訓練で学んだレベルの知識でもOKな仕事。

 

しかも自分もよく知っている会社で、

純粋に興味がひかれました。

 

私に務まるかな?という不安もありましたが、

えいやっ!と飛び込むことにしたのでした。

 

そして、とんとん拍子に話が進み、

紹介を受けた2日後には仕事が決まったのでした!!

 

不思議なもので、

目先のことにとらわれないで、

本音を大切にすると決めたときに、

物事ってうまく進んでいくんだな・・

と思ったのでした。

 

長くなってしまったので、

30代・仕事続かない私が転職で条件の優先順位を変えたら合う会社に出会えた話』に続きます。

 

スポンサーリンク