職業訓練

WEBデザインの職業訓練の雰囲気は?厳しい?大変?

 

職業訓練って「訓練」というくらいだから

厳しいの?

大変なの?

と思う人もいるかもしれません。

でも、私は実際に5ヵ月間通って、

厳しい!とか、苦しい!とか、つらい!と思ったことは一度もありません(^^)

職業訓練の雰囲気が伝わればと思い記事を書きますので、参考にしてくださいね。

(あくまで私が通った学校の雰囲気です!)

 

訓練生はどんな人?

私のコースは20名の訓練生が通っていました。

男4人、女16人で、女性が圧倒的に多かった!

年齢は若い人が19歳、一番年上で50代前半。

WEBデザインのコースなので20代の若い人が多いかと思いきや、

30代~40代の割合が大きかったです。

美容師とか、まったく違う分野から来た人。

ネットショップ運営の仕事してたけど基礎から勉強したくて来た人。

「えー勉強する必要ある?」ってくらい元からスキル高い人。

様々です!

 

講師はどんな人?

40代前半の男性でした。

WEBサイト管理の実務経験があり、フリーランスとしてサイト制作も行っているそうです。

講師業は5年目だと言っていました。

 

1日のスケジュール

私のコースは9時20分~16時まで授業がありました。

授業はまず朝礼から始まります。

授業は1コマ50分で間に10分の休憩時間があります。

午前中は3コマ、50分のお昼休憩を挟んで、午後も3コマ。

授業終了後、17時30分まで教室は開放されているので任意で自習が可能です。

そして金曜日だけ10分ほど掃除がありました。

 

がっつり勉強するのが久しぶりだと集中力が持たない!と心配になるかもしれません。

選択するコースや、自分の興味の度合によっても左右されるとは思いますが、

私は8時間仕事することに比べたら断然ラクでしたよ!

日直当番がある

ローテーションで日直当番が回ってきます。

高校生とかに戻った気分ですね(笑)

 

日直のお仕事は、

・一日の始まりと終わりに、起立、礼の掛け声をする

・朝礼で3分間スピーチをする

・日誌を書く

 授業の内容や、欠席・遅刻・早退した人の名前、1日の感想を記入します

・ゴミ出し

 教室のゴミ箱から袋を取り出し、所定の場所に持っていきます

 

です。

スピーチは人によっては嫌かもしれません・・。

というか好きな人はまれ?

お題は自由で、趣味とか仕事の話とか、旅行の話とかいろいろでした。

ある口数の少ない男性は自分が日直の日は必ず遅刻してました(笑)

お昼休み

学校の近くにスーパーやコンビニがあったので買ってきたり、

お弁当を持参して教室で食べる人。

周辺は飲食店も多かったので外で食べる人。

大体半々くらいでした。

教室には電子レンジがあるのでお弁当を温められるし、

ポットにお湯を用意してくれていたのでカップラーメンを作っている人もいました。

 

スポンサーリンク

 

授業の進み方

午前はホームページ制作にまつわる勉強、

午後はIllustratorとPhotoshopの勉強というのが基本的なスケジュールでした。

プロジェクターで先生のパソコン画面が投影されており、

テキストに沿って先生と一緒に進めていきます。

自分の画面がテキスト通りにならない!となっても焦らなくて大丈夫。

先生が教室の中を巡回してくれるので、分からないことがあったら質問できます。

 

2ヵ月程でテキストが一通り終わると、次は演習で実際にサイトを作っていきます。

テーマは自由で4ページ以上のサイトを作りましょう、と課題を出されます。

知人の整体院のサイトを作る人もいれば、

まったく架空の会社のサイトを作る人もいました。

2週間ほど期間を与えられて、四苦八苦しながらサイトを作成し、

出来たものはクラスで共有します。

ポートフォリオ作成期間がある

5ヵ月間の訓練のうち、実際に講義と演習があったのは3ヵ月半くらいでした。

残りの1ヵ月半はポートフォリオ制作期間となっており、

就職活動に使うための作品集を作る時間に当てられます。

デザイン関係の就職活動はポートフォリオって必須なのです。

自分の作風はこんなのです!

こんなの作れます!

とアピールする材料になるからです。

冊子風のポートフォリオを作ったり、サイトを作ったりします。

もちろん、どういったものを載せるのかアドバイスはしてもらえるし、

過去の訓練生のポートフォリオを参考にすることもできます。

始めからデザイン系を目指さない人は、就職活動の準備をしたり、

自由に時間を使えます。

 

まとめ

職業訓練に通うイメージは沸きましたでしょうか?

これは私が通ったコースの例ですので、

もちろん学校によっては雰囲気は全然違うとは思いますが、

参考にしていただけましたら幸いです。

 

スポンサーリンク