イラスト実践記

絵が下手×自信ないけどイラストを仕事に出来るのか?実践します

 

こちらの記事は、

絵が下手・自信もないけど、

イラストを仕事にしたい

30代女の実践記の第0話(プロローグ)です。

 

イラストを仕事にしたい!

と思った経緯を記したいと思います。

 

諦めの連続と紆余曲折の私のストーリーをどうぞ・・(^^;

 

スポンサーリンク

 

 

絵が下手だからイラストレーターになんかなれないと諦めた10代

私は子供の頃から絵を描くのが好きで、

授業中にノートに落書きしたり、

家に帰ってきたら好きな漫画のキャラクターを描いたりして過ごしていました。

 

イラストレーターになりたいなぁ・・

と夢見たこともありました。

 

中学は運動部しかなかったけど、

高校で念願の美術部に入部。

 

絵を描くのが好きな人が集まっている部活なので、

当然みんな上手なんです。

 

同級生はみんな何かしらの賞を取ったりしているのに、

私はまったくかすりもしない・・。

 

高1の頃は美大に進みたいと思っていたこともあったけど、

次第に『私は下手だし、美大に進んだところで仕事にはできない』

と思うようになり諦めてしまったんです・・。

 

特にやりたいことのなかった私は、

美大ではなく、普通の大学に進みました。

 

母親は、大学でやりたいことをみつけたらいいよ、

と言ってくれましたが、

結局見つけることが出来なくて、

『自分に出来るのは事務くらいかな・・』と

新卒で保険会社の事務職に就きました。

 

大人になって思い出した夢

高校を卒業後は、まったくと言っていいほど、

絵を描くことはなくなりました。

 

そして、30歳の頃、

高校時代の友達がイラストレーターとして独立したことを知ります。

 

美術部の部員ではなかったけど、

高校の頃からイラストを描くのが上手な子でした。

 

高校卒業後も働きながら、

少しずつイラストの仕事を請け負って頑張っていたことは知っていました。

 

夢を叶えてすごいなぁ・・

 

と思ったと同時に、

 

いいなぁ・・

 

とすごく羨ましかったんです。

 

友達は絵の勉強をずっと続けてきて、

地道に活動してきた結果、夢を叶えた。

 

それに対し私はなんにもしてこなかった・・。

 

高校時代イラストを諦めなければよかったな・・

と、このときすごく後悔したのでした。

 

今さらはじめても遅い・・と再び諦めた

友達がきっかけで10代の頃の夢を思い出したものの、

もう30歳を超えてしまい、

今さら感しかありませんでした・・。

 

イラストレーターとして仕事をしている人は、

10代の頃からレベルが高かったり、

美大や専門学校を出ていたり・・。

会社に勤めてイラストを描く仕事を経験してから

独立する人が多い印象でした。

 

もともと絵も下手でレベルも低く、

10年以上まともに描いていない私が

今からイラストレーターになれる訳がない・・。

 

結局、再び行動する前から諦めてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

デザインならできるかも・・と印刷会社へ転職

仕事で会報誌を作っていたこともあり、

印刷物を制作することに興味をいだいた私は、

印刷会社へ転職しました。

 

幸い、未経験・スキルが無くても、

やる気があるならということで採用してくれたんです。

 

クリエイティブな仕事への憧れが心のどこかにはあって、

イラストレーターになるのは無理でも、

チラシとかのデザインだったら、

今からでも仕事に出来るかも・・という考えもありました。

 

(今思えば、デザインならできるかも・・って、

デザイナーさんにすごく失礼ですよね。汗)

 

まぁ、当然甘い世界ではなかったんですけど・・。

 

業務についていけなくて5ヵ月で退職。

その後はWEBデザインの職業訓練に通いました。

 

WEBデザインに興味があったというよりは、

印刷会社での仕事が中途半端に終わってしまったことへの未練

の方が大きいですね(^^;

 

デザインソフトのイラストレーター・フォトショップを基礎から学べるとのことだったんで、

もっと使いこなせるようになりたい!!と思ったんです。

 

職業訓練で学ぶのはすごく楽しかったし、

修了後もWEBの仕事が出来たらいいなぁと思っていました。

 

しかし・・。

 

未経験で正社員として採用してくれる会社はほぼありません。

(このときは正社員しか頭になかったんです。)

 

クリエイティブな仕事がしたかったけれど・・。

 

結局、経験の長かった事務に落ち着いてしまったのでした。

 

初めてのイラストのお仕事

せっかくイラストレーターやフォトショップを学んだので、

本業には活かせなくても副業したいなぁ・・と思っていた私。

 

知人の紹介で、カフェのメニューブックやショップカード、

農家さんの名刺などを請け負って、

お小遣い稼ぎをしていました。

 

そんなとき、元同僚のAさんから嬉しい依頼が舞い込みました。

 

それは、

実家が経営しているカフェのキャラクターを描いてほしいというもの。

 

実は職業訓練でホームページの制作課題が出されたときに、

Aさんの実家のカフェのホームページを作らせてもらっていたんです。

 

そのときに、ハリネズミのイラストを3匹くらい描いてみたんですね。

 

それをAさんが気に入ってくれて、

キャラクターデザインのお仕事に繋がったのでした。

 

ハリネズミを30匹以上描いたんですが、

どれも気に入ってくれて。

 

自分のイラストで人に喜んでもらえることが

こんなに嬉しいなんて・・。

 

時給換算したら低いかもしれないけど、

会社でもらうお給料より何倍も何十倍も嬉しかった。

 

そして、ショップカードや名刺を作って

お金をもらったときよりも嬉しい・・。

 

さらには、

『かわいいイラスト描けるんだし、1回ちゃんと頑張ってみたら??』

という励ましの言葉まで・・。

 

『やっぱりイラストで収入を得たいなぁ・・』

という気持ちが芽を出したのでした。

 

副業でイラストやるぞ!と意気込んだものの・・自信がない!

最近はクラウドソーシングと言って、

仕事を発注したい企業などと、スキルを提供したい個人とをマッチングするサービスがありますよね。

『ランサーズ』『クラウドワークス』が有名です。

また『ココナラ』のような、得意なことを出品するマーケット方式のサービスもあります。

 

副業をしようと考えたときに、

こういったサービスを利用しようと思う人も多いと思います。

 

私も利用してみようかな・・と

ちょっとサイトを覗いてみたんですよね。

 

『ランサーズ』や『クラウドワークス』は、

元々プロとしてやっているフリーランスの人が仕事を探す場のような感じ・・。

コンペ形式の仕事もあるけど、

ある程度のスキルがないと厳しいかも・・。

⇒ むり!

 

『ココナラ』はスキルを出品し、気に入ってもらえれば買ってもらうという感じなので、

まだハードルが低いかなぁ・・と思いきや。

 

みんなレベルが高い~!!(;´Д`)

 

絵がうまい人ばかりの中で、

出品するなんて恥さらしもいいところ。

公開処刑な気分・・。

 

うーん、やっぱり無理かなぁ。

 

そして、諦めるパターン・・。

 

私、諦めるの何回目??

 

あきらめなくていい!ということを知る

さて、ここまで私の歩んできた人生のストーリーを読んできて、

いかがでしたか?

 

やる前から諦めてばっかりだな!!

と思いますよね・・。

 

絵が上手・下手依然の問題で、

自信がないんです。

 

どうせやっても無駄・・

って思ってしまう。

 

高校の時に絵の勉強をする前から、

諦めてしまいましたからね・・。

今思えば、美術系の専門学校にでも行けばよかったと思う。

ほんとに。

 

そんな諦めてばっかりだった私が、

いま再びイラストに挑戦しようとしている・・。

 

なぜか?

 

それは諦めなくていいということを知ったからです。

 

私は前職の退職をきっかけに、

インターネットを使って仕事がしたいと思うようになり、

ビジネスの勉強をはじめました。

 

勉強を通して、

絵が下手な私でも活躍できるフィールドがあるかも!

と希望を持てたんです。

 

これから学んだことを実践しながら、

イラストを仕事にするという夢を叶えていきたいと思います。

 

その過程を実践記という形で残していきますので、

どうぞよろしくお願いします。

 

つづきの第1話はこちら ↓

絵が下手でもイラストを仕事にするマーケティングという考え方

 

スポンサーリンク