イラスト実践記

正面や顔しか描けない人でもイラストの仕事ができる考え方

 

出来ないことが多いのって、実はチャンスです。

『描けない』を『描ける』に変える考え方があります。

 

こちらの記事は、

絵が下手・自信もないけど、

イラストを仕事にしたい30代女が綴る

『自信ゼロから始めるイラスト×マーケティング実践記』第2話です。

 

現在、インターネットでお仕事をするため、ビジネスを勉強中。

日々の学びや気づきを綴りながら、

イラストで収入を得るまでの道のりを記録していきます。

 

第1話はこちら ↓

絵が下手でもイラストを仕事にするマーケティングという考え方

 

スポンサーリンク

 

出来ないことが沢山あるほど出来ることが見えてくる

ビジネスを学び始めて、マーケティングという考え方に出会った私。

絵が下手でも、自分のイラストを気に入ってくれる人に届けば仕事に出来る・・

ということに可能性を感じました。

 

とは言っても。

 

いや、本当に下手なんですよ・・。

 

だって、私は立体的な絵が描けないし、

動きのある絵も描けないし、体も描けないし・・。

横から見た絵も描けないし、男の子も描けない。

 

あれ、何も描けない・・??

 

こんなんじゃ、やっぱり仕事に出来ないんじゃないか・・

と意気消沈・・。

 

でも、

出来ないことが多いのって、実はチャンスだったのです。

 

例えば、先ほど私が出来ないと言っていたこと。

一般にこれらはイラストレーターやるには致命的とも言えます。

 

でも、『自分とお客さんを繋ぐ赤い糸』というマーケティングの考え方にのっとると、

『自分に出来ること』と『お客さんが求めていること』がマッチすればいいんですよね。

 

だから、自分にないものを数えるんじゃなくて、

自分にあるものを数えるんです。

 

そして、出来ないことが多いほど、

出来ることが見つかります。

 

立体的な絵は描けないけど、平面的な絵は描けます。

動きのある絵は描けないけど、静止している絵なら描けます。

身体は描けないけど、顔は描けます。

横から見た絵は描けないけど、正面は描けます。

男の子は描けないけど、女の子は描けます。

 

こんな感じで、

『●●が出来ない』を『●●は出来る』に言い換えてみるんです!

 

心理療法でも用いられる、リフレーミングってやつですね。

出来事や物事の見方を変えてみることで、

今までとは違う意味を見出すのです。

 

よく例として出てくるのが、

コップ半分の水を見て、『半分しかない』と捉えるのか、

『半分もある』と捉えるのか・・の違いです。

 

水の量は同じでも、人によって、また時と場合によって、

捉え方は色々ありますよね。

 

イラストも描けない、描けない・・と思っていたら、

描けるものも描けなくなってしまいます。

 

でも、『これなら描けるかな・・』というのを見つけていけば、

少し自信になりますよね??

 

スポンサーリンク

 

色んな絵は描けない・・だからこそ専門店になれる

しかし、出来ることを数えたところで、

自分に出来る範囲はしょせん知れている・・。

 

何でも描ける人に憧れますよね・・。

画力があればあるほど、活躍のフィールドは広がりますもんね。

 

でも、実は何でも描ける必要はないんです!

 

色んな絵を描けないからこそ、専門店になれるんです!

 

さて、あなたは醤油ラーメンが無性に食べたくなりました。

近くには、行列のできる醤油ラーメン屋さんファミレスがあります。

あなたはどっちのお店に入りますか??

 

どうしても美味しいラーメンが食べたいなら、

並んででもラーメン屋さんに入ると思います。

 

すぐに入れて、お腹を満たしたいだけならファミレスを選ぶと思います。

 

ファミレスは色んなメニューが選べるのが楽しいので、

幅広いお客さんが来てくれます。

 

ラーメン屋さんに来るお客さんはラーメンが好きな人たちばかりです。

 

そして、豚骨ラーメンが食べたい人、塩ラーメンが食べたい人、

味噌ラーメンが食べたい人は、醤油ラーメン屋さんには来ないと思います。

 

お客さん層は、ぐっと狭まるかもしれないけど、

わざわざ醤油ラーメンを求めて来てくれて、

『美味しい。美味しい』と喜んでくれるお客さんは

醤油ラーメン屋の店主にとっては一番嬉しいお客さんですよね。

 

イラストもラーメンと同じです!

 

色々描けると、その分お客さんも色々なので、

要望も色々・・となります。

 

自分の出来る範囲が狭ければ狭いほど、

専門店になっていけるので、

コアなお客さんが来てくれる・・という訳ですね。

 

『とりあえず誰でもいい』と思っているお客さんよりも、

『あなただから頼みたい』と思ってくれるお客さんに届けていけたら、

幸せですよね。

 

だから、もっと色々描けるようになってからじゃないとダメだ・・

と思う必要はないのでした。

 

不足を補うのではなく、自分にできることを突き詰めていく。

それが幸せへの道・・ということをマーケティングが教えてくれました。

 

ということで、私は何の専門店になるのか・・

模索していこうと思います。

 

つづきはこちら ↓

HSP・内向型で自信ない私がイラスト副業する前に取り組んだこと

 

 

スポンサーリンク